どこも同じではない!結婚式場の選び方を詳しく解説

2021年3月31日

式場の収容可能人数に注目

結婚式と一口に言ってもその形式はさまざまですが、多くの場合は新郎新婦のほか、親族など来賓の方も式場に訪れますよね。そこで重要になるのが式場の収容可能人数です。多くの式場では、「大体このくらいの人数が入れますよ」という収容可能人数の目安を明記しています。一般的に来賓は20名ほどにするものですが、それ以上の大人数を招待したい場合は広めの式場を選ぶ必要があります。そのため、必ず収容可能人数を確認するようにしましょう。

式場の内装や雰囲気を確認

結婚式というのは、新郎新婦にとっても思い出深いイベントの一つです。思い出を彩るためにも、結婚式場の雰囲気はとても重要になります。そのため、式場を選ぶ際には式場の内装や雰囲気についてもよく確認しておくのが良いでしょう。ホームぺージなどから式場の写真を見るのも良いですが、細かな式場の状態・雰囲気を掴むためにも、できれば実際に式場を見学するのがおすすめです。また、結婚式で何かしらのイベント・演出を実施しようとしている方は、室内の間取りや構造もしっかり確認しておきましょう。例えばキャンドルサービスなど幻想的な演出を企画する場合、広すぎる式場では光がまばらに広がって演出が地味になってしまう可能性があります。バルーンを飛ばしたりする場合にも、天井が低いと演出の感動は薄まってしまうでしょう。ウェディングプランナーに相談することもできるので、演出を検討している際はアドバイスをもらいながら式場を選ぶのもおすすめです。

名古屋の結婚式場の中には、海の近くでリゾート感を味わえる会場も存在します。開放感を感じながら、特別な1日を過ごせるでしょう。