家族のいる人必見!単身赴任をするときのポイントとは?

2021年6月7日

単身赴任を選ぶ理由を明らかにする

全国各地に支社を持つ企業に勤める人にとって、引っ越しを伴う転勤は避けられないかもしれません。結婚に際しては、転勤の可能性について将来の伴侶に理解してもらう必要があります。結婚間もない時期や子どもが小さい間は、家族一緒に新天地に行くことも十分可能です。しかし、子どもが大きくなるにつれ転校などの課題も出てくるため、家族揃っての引っ越しが難しくなってきます。このような場合は、単身赴任するのも選択肢の一つです。ただし、そこに至る理由を家族間で共有するのは言うまでもないでしょう。

家族の元に定期的に帰ることなども考えておこう

家族が別れて暮らしていると、いろいろな面で不具合が生じてきます。単身赴任に伴い生活の拠点が増えるため、余分な支出は避けられないでしょう。また、必要なときに頼れなくて歯がゆい思いをするかもしれません。そのような課題を緩和して、家族の絆を深めるためにも、単身赴任者は家族の元に定期的に帰ることが大切です。また、自宅に残った家族が単身赴任者の住むところに出掛けることも考えましょう。

そのうえで日ごろからの連絡を密にしよう

テレビ電話など、便利なツールを介して連絡ができる時代になりました。これも、IT機器の劇的な進化の賜物と言えるでしょう。たとえ、わずかな時間でも家族と連絡を取り合うことで、お互いの状況が把握できるので安心です。残った家族はもちろん、単身赴任者にとっても、家族の声や笑顔に触れることが元気パワーの源になります。家族が信頼関係で成り立つのは言うまでもありません。しかし、日ごろからの連絡を密にすることで、さらなる絆を深めることにもつながります。

単身赴任の家具は家具の量販店で買う、という選択肢があります。量販店ならコンパクトなサイズの商品が、リーズナブルな価格で買えます。