ローソファの魅力や選ぶ際のポイントなどを紹介

2019年9月2日

幅広いシーンで利用できるのがローソファの魅力

基本的に座面の高さが30センチ以下のソファはローソファと呼ばれており、別名でフロアソファとも言われています。ビジネスシーンで使用されるソファは、高級感を漂わせる雰囲気のものが使用される事が多い傾向にあります。しかしローソファは、オシャレなデザインも多く、カジュアルな雰囲気も持ち合わせているので、幅広いシーンで利用できるのが魅力です。またローソファは、座面が低いので足を思い切り伸ばしてくつろげる点も大きなメリットと言えるでしょう。

小さな子供がいる家庭は安全面を考慮して選ぼう!

ローソファは、一人掛けから三人掛けまでソファの中でも様々な種類があるソファと言えます。そのため、ローソファを購入する場合は、まず日常生活の中でどのような場面で利用する事が多いのかをイメージしておく事が大切です。ある程度イメージしておけば、無駄にサイズの大きいローソファを買ったり、購入してもほとんど使っていないという事にはならないでしょう。またローソファは、座面の高さが通常のソファと比べると低いのが大きな特徴ではありますが、その高さだけ見ても様々なものがあります。

もし小さな子供がいる家庭や小型犬などのペットを飼っている方は、座面が10~15センチのローソファにするのが安全面という観点では安心と言えるでしょう。またコタツと合わせて使いたい場合は、座面の高さが15センチ前後のローソファを選ぶのが良いでしょう。尚、高齢者や足腰が弱っている方などは、座面が低いと立ち上がる際には体に負担をかける事もあるので注意しておきましょう。

「ダイニングには食事用テーブル、リビングにはソファ」という先入観を捨て、ダイニングにソファとテーブルをセッティングすることで、2つの空間が1つで収まり、空いたスペースを広々と活用することが出来ます。