既製品とはどこが違う?オーダー家具の選び方

2019年9月2日

オーダー家具ってどういうもの?。

みなさんは既製品の家具の購入を検討する時、「サイズがもっと小さめだったら」とか、「デザインは気に入ったけど、色がちょっと・・・」

といった経験はありませんか?。既製品ではなかなか自分の部屋のレイアウトに合う家具を見つけるのは難しいですよね。そういった不満を全て解消してくれるのがオーダー家具です。家具をオーダーメイドで注文する事で全て自分好みの家具を手に入れる事ができます。

部屋の広さに合ったサイズを注文できる。

マンションや形があらかじめ決まっている家の場合、既製品の家具ではサイズが合わない事が多々あります。サイズの合わない家具を置いていると部屋のレイアウトが崩れたり、無駄なスペースができたりします。オーダー家具の場合、部屋の広さにピッタリ合わせる事ができるので、空間を有効活用できますし、部屋の使い心地も良くなります。

好きな素材が選べる。

家具は使用する素材によって使い心地や、印象が変わります。例えば、オーダーメイドで無着色の無垢材を使うと、木の自然な風合いを活かした柔らかい印象の家具を作る事ができます。そして、年月を経る毎に変化する色合いを楽しむ事もできます。ちなみに、無垢材とは一本の木から全ての部品を切り出したものを言います。好きな素材で作られた家具が部屋にあれば、よりくつろぐ事ができます。

自分にとって丁度いい使い心地が選べる。

収納家具などをオーダーメイドで注文した場合、コンセントの位置や取手の位置を自分の使いやすいように決める事ができます。「これがこの位置にあればいいのに」を実現できるのがオーダー家具なのです。完全に自分好みの機能を持った家具がある暮らしは、既製品にはない自分仕様の満足感が得られます。

和モダンとは、日本人が慣れ親しんだ「和」のテイストと、現代的で洒落ていると言う意味の「モダン」なデザインを融合させたものの事です。畳や障子などの和風な物と、ソファなどを組み合わせる事が多いです。